3分でわかるゼネテック

どんな会社?

製造業向けに2軸の事業展開で
お客様の課題解決に取り組んでいます

常に最先端技術を追求しつづけ、顧客ニーズに合ったソリューションを提供することで、技術・開発力が蓄積され、顧客からの信頼を獲得。時代の変化とともに私たちの事業フィールドは拡大しています。

高付加価値製造ソリューション
  • デジタルソリューション事業

    • ソフトウェア・ハードウェアの両方を開発できることで、ユーザーの高い要求に対応
    • マーケットの成長ポテンシャルが高い車載関連を中心に、各種メーカーに対する開発実績が豊富
    • 独自の人材育成プログラムおよび一括受託型プロジェクト開発体制による、高度な開発技術の内製化
  • エンジニアリングソリューション事業の強み

    • 省力化、省人化を実現する製造業向けの最適なパッケージソフトウエアの主要な商品ラインナップ
    • 日本全国に展開する、約500社の販売代理店網
      *2019年12月末時点

事業環境

製造業を取り巻く環境変化

日本の製造業は変革の時期を迎えています。生産性の低下、労働力不足等に加え、今後10年間にわたって設備・建物の更新時期が到来するといわれています。それらの課題を解決し、グローバル競争力を高めるにはデジタルトランスフォーメーション(DX)、第4次産業革命と言われるスマートファクトリー化への対応が迫られています。

製造業第4次産業革命スマートファクトリー化

ゼネテックの強み

DXの実現、IoTによる製造現場の全体最適化ソリューションを
ソフト×ハードで提供できるのが当社のアドバンテージ

私たちは製造業のパートナーとして長年培ってきた経験とノウハウがあり、製造現場を知り尽くしています。
製造現場の課題を理解し、スマートファクトリー化を実現できるシステム開発からソリューションまで一気通貫で提案できるのがゼネテックの強みです。

中小製造業のスマートファクトリー化を実現

中小製造業のスマートファクトリー化を実現

ゼネテックの製造現場のデジタル化ソリューション

  • デジタルソリューション事業
    通信ネットワーク技術力・製造現場の実態に合ったセンサーの自社開発等
  • エンジニアリングソリューション事業
    各製造現場の課題を解決する各種パッケージソフトウエア
    コンサルティングの提供

中長期成長戦略

「製造現場のベストソリューションパートナー」として
社会的存在価値を一層増し、飛躍的に成長

ICTとIoT、ネットワークを駆使することで製造業のDX化を推進し、製造現場の生産性向上を強力に支援していきます。

「製造現場のベストソリューションパートナー」として社会的存在価値を一層増し、飛躍的に成長

車載関連において、CASE*への投資が大幅拡大
製造業における生産性向上に向けたデジタル化、省力化・IoTソリューションの需要拡大

*CASEは、Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字を合わせたもので、自動車業界の技術変革を表す用語