林修先生を起用したテレビCM第2弾「デジタルで、人にやさしい社会を」 3月26日放映開始

News Release

2022年3月24日

株式会社ゼネテック 林修先生を起用したテレビCM第2弾
「デジタルで、人にやさしい社会を。」
3月26日(土)より関東エリアで公開

株式会社ゼネテック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上野憲二、東証JASDAQ:4492、以下 ゼネテック)は、林修先生を起用した新テレビCM「デジタルで、人にやさしい社会を。」を、3月26日(土)より関東エリアで放送開始します。

トピックス0324画像
トピックス0324画像

「人にやさしい社会へ、デジタル技術で挑戦し続けるゼネテック」CMのポイント

CM冒頭は、朝焼けが眩しい悠久の大地。「デジタルは、どこまで人にやさしくなれるだろう。」という台詞とともに空を見上げる林先生の頭上には、巨大な謎の球体が。その後、球体は、大自然から徐々に文明社会へと移動していきます。世界と触れ合うたびにデータを集めていく球体が、先進的な未来の社会でもやさしく浮かんでいます。「人の想いを、デジタルでかなえるために、ゼネテックは挑戦し続けます。」との林修先生の力強い言葉。最後に、謎の球体が実はゼネテックのロゴマークだったことが明らかになります。実はこの球体は、現在も※、そして未来においても、デジタル技術で目に見えない部分から暮らしや社会を支え、技術の進化で未来を創造するゼネテックの存在を可視化したものでした。

トピックス0324画像
トピックス0324画像
トピックス0324画像

※ゼネテックはデジタルツインやAI/IoT技術、車載システムやデジタル家電等のソフト/ハードのシステム開発、災害時位置情報受信アプリ「ココダヨ」の提供等により、暮らしや社会のDXに貢献し、ユーザー体験や生産性の向上、人々の「安心・安全」を支えています。

新CM動画や、株式会社ゼネテック・上野憲二社長との対談ムービーをYouTubeチャンネルで公開中
3月26日の公開に先立ち、24日午前10時より、ゼネテック公式YouTubeチャンネルでは新CMの動画を公開します。また、林修先生とゼネテック代表取締役社長・上野憲二の対談動画やCMメイキング動画も公開しています。対談動画では、林修先生がゼネテックの技術がどのようなものか、製造業をはじめ各産業や、社会の持続可能性にもどう貢献するのかを上野社長に伺います。


・新テレビCM動画(ゼネテック公式YouTube内)
30秒バージョン:https://youtu.be/G9zGV6qZHBY
15秒バージョン:https://youtu.be/0Pwbnu2omKs
 対 談 動 画:https://youtu.be/O2sHhciG8Gc


WEB特設ページ「デジタルで、人にやさしい社会を。」公開中
ゼネテックってどんな会社? どんな活動をしているの? といった情報や、CMに登場したあのロゴマークが示す意味とは? についても、公開中の特設ページからご覧ください。

トピックス0324画像

デジタルで、人にやさしい社会を。
https://www.genetec.co.jp/future/

林修プロフィール
1965年9月2日生まれ、愛知県出身。東京大学法学部卒業、東進ハイスクール東進衛星予備校現代文講師。現在、東大特進コースなどの難関大学向けの講義を中心に授業を行い、 抜群の東大合格実績を誇る東進ハイスクール東進衛星予備校の躍進に大貢献している。テレビコマーシャルでのセリフ「いつやるか?今でしょ!」が⼤流⾏し、「今でしょ!」が2013年ユーキャン新語・流⾏語年間⼤賞を受賞した。テレビ番組でMCを務め、レギュラー番組も多数と活躍中。

会社概要
会社名:株式会社ゼネテック
設 立:1985年7月1日
資本金:3億5,865万円
代表取締役社長:上野憲二
本社所在地:〒163-1325東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー25F
事業内容:ハードウェアとソフトウェアの融合によるシステムを提供するデジタルソリューション事業、3D CAD/CAMシステム「Mastercam」の販売や、3Dシミュレーションソフト「FlexSim」を中核としたデジタルツイン技術で製造現場の生産性向上を支援するエンジニアリングソリューション事業、災害時位置情報受信アプリ「ココダヨ」の開発・販売を行うココダヨ事業を展開。
URL:https://www.genetec.co.jp/


-報道関係お問い合わせ-
株式会社ゼネテック 経営企画室 佐藤・山本
Email: PR@genetec.co.jp

タイトルとURLをコピーしました